美容・ファッション・恋愛まとめ速報

美容・ファッション恋愛など女の子向けの情報サイト

Uncategorized

【最新版】今度こそ「赤ら顔」におさらば!赤ら顔を解消する4つの対処方法

【最新版】今度こそ「赤ら顔」におさらば!赤ら顔を解消する4つの対処方法


●「赤ら顔」って気になるよね…

顔に塗るとあったかくなる系のクリームとかジェルとかパックちょっと怖い。合わなくてあっっつく赤くなったことあるから出だしの温もりにビビる。頭は慣れてるけど顔がほんとビビる。

冬の美容院は嫌だ…
ドライヤー熱かったら顔赤くなるし、暖房ききすぎててもあかくなる。

あ、けど運動して汗かいて赤くなる、ていう理由から顔が赤くなるのは隠せる逃避策1個みっけわたし肌白いからちょっとでも赤くなるとすぐ分かるのが嫌なんだ

●そもそも「赤ら顔」ってなに?

赤ら顔で悩んでいる人って結構多いよね…
周りの人で肌が敏感の人とか、ニキビ肌の人とかは良く顔が赤くなって見えるよね。

ガッキーもこの写真見てみると赤ら顔に見える…

赤ら顔とは、皮膚に現れる症状のうちの一つで、文字通り「顔が赤くなる」ことをいいます。この赤ら顔は、自律神経や交感神経が緊張すると、皮膚の下にある毛細血管が拡張して流れが滞り、鬱血することにより起こります。

出典http://akaragao.info/about_akaragao/what_is_akaragao/

ただ、「赤ら顔」といっても、原因は様々あるそうで…

もともと皮膚が薄い・肌が敏感である、またはニキビなどの肌トラブルによって肌が薄くなってしまったという人には「肌表面から毛細血管が透けて見える」という症状が起こりやすくなります。

出典http://akaragao.info/about_akaragao/symptoms/

お酒を飲んだり室内外の気温差に影響されて顔全体が赤くなることがありますが、これは血流が急激に増えることが原因となっています。

出典http://akaragao.info/about_akaragao/symptoms/

赤ら顔の症状が起こる原因には、日光・紫外線に長時間あたることで熱がこもる事や、精神的ストレスなどの外的要因があげられます。

出典http://akaragao.info/about_akaragao/symptoms/

他にも、腫れが原因で赤く見えたり、かぶれが原因で赤く見えたりするみたいです。

●「赤ら顔」ってどうやって治せばいいの?

赤ら顔を治すための方法としていくつかありますが、ここでは5つの方法を取り上げます。

①スキンケアを変える

敏感肌の方は赤ら顔になりやすいようです。そのため、スキンケアにも注意が必要です。
顔の皮膚にダメージを与えて皮膚が薄くなると、赤ら顔が目立ちやすくなります。
そのため、必要以上に顔をこすったり、角質除去をやりすぎて摩擦を与えないようにしましょう!

出典https://www.cusugle.com/beauty/skincare/post-38

②レーザー治療

赤ら顔のレーザー治療では、レーザー光を赤ら顔の部分に直接あてることによって治療していきます。
赤い色素にのみ反応するレーザーを使い、赤い色素や毛細血管にレーザーを吸収させて破壊します。物理的に赤ら顔の原因にアプローチできるので効果は絶大です。

出典http://www.pvtlabsystems.com/laser/

ただ、やっぱりリスクもあるみたいで、レーザー治療は様々な副作用を伴ってしまうケースがあるそうです。
レーザーは、患部に熱を与え毛細血管などを破壊するので、その時どうしても周りの皮膚が傷ついてしまうのです。その結果、例えば治療の後に、やけどやシミ、かさぶたが出来たりすることも…
高額な治療費を払ってもこのような症状が起こる可能性がゼロではないので、治療前に慎重に考えないといけませんね。

③顔にかかるものに気を配る

肌が髪に触れるのも赤ら髪にはよくありません。
そのため、髪が肌に触れないようにヘアスタイルに気を遣ってください。
また、タオルや寝具といった顔に触れるものは常に清潔に保つことも忘れずに。

出典https://www.cusugle.com/beauty/skincare/post-38

赤ら顔対策だけでなくて、ニキビケアとかにも当てはまりますよね。
肌をきれいに保つにはやはり肌を清潔に保つことは不可欠です。

④ビタミンを摂る

ビタミンの中でも特に「ビタミンK」という成分を摂るのがおすすめだそうです。

赤ら顔に特に聞くと言われている栄養素のとして「ビタミンK」というものがあります。

出典http://nikibi.ne.jp/akaragao/vitamin/

「ビタミンK」は緑黄色野菜や緑茶だけでなく、納豆などにも多く含まれています。

出典http://nikibi.ne.jp/akaragao/vitamin/

●まとめ

何事もそうですが、普段の生活リズムや、食生活から見直していくことが大事。
また、毎日使っているスキンケア商品にも目を向けるなど、細かなところも意識して治しましょう。

Copyright © 2017 女子力UP向上委員会 All Rights Reserved.

-Uncategorized