美容・ファッション・恋愛まとめ速報

美容・ファッション恋愛など女の子向けの情報サイト

Uncategorized

【健康効果?美容効果?】コエンザイムQ10 の効能まとめ【人気サプリ】

【健康効果?美容効果?】コエンザイムQ10 の効能まとめ【人気サプリ】


コエンザイムQ10 って聞いたことありますよね?配合アプリを飲んでいますか?

でも本当に健康にいいの?美容効果があるのかな?調べてまとめてみました

コエンザイムという英単語の意味は日本語では「補酵素」となります

さらに コエンザイムQ10 の Q10 とは人体で働くコエンザイムの種類となります

国立健康・栄養研究所の コエンザイムQ10に関するページには何と書いてあるのか?

ビタミンではないが、「ビタミン様物質」として知られている コエンザイムQ10

コエンザイムQ10はビタミンではありませんが「ビタミン様物質」として知られています。
コエンザイムQ10がビタミンでないのは、体内でも合成されているからです。

なお、ビタミンの定義は「微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず自分で作ることができない化合物」です。

体内における代謝 ではATP(生体エネルギー)産生に関与。抗酸化物質としても注目

■体内における代謝等
コエンザイムQ10の体内における働きは、電子伝達系における補酵素 (コエンザイム) として体内のエネルギー単位であるATP (アデノシン三リン酸) の産生に関与することです。
また抗酸化物質としても注目されています 。

食事から摂取したコエンザイムQ10は小腸で吸収された後リンパ管を経由して血流に入ります。その吸収率は低く、摂取した量の60%は吸収されずに排泄されるという報告があります 。
また摂取した量の3%が血漿に分布するというデータがあります 。
また、コエンザイムQ10は脂溶性のため、空腹時よりも脂肪の多い食事と共に摂取するとより吸収率が高まると言われます 。

素材としての安全情報(コエンザイムQ10 の医薬品と健康食品での違い)

コエンザイムQ10は医薬品として用いられてきたことから、健康食品にも医薬品と同じような安全性 (有効性) が期待されている面があります。

しかし、同じ成分を含んでいても、健康食品では、商品の品質 (不純物混入の有無) 、商品中の表示成分含量の真偽、摂取したときの体内吸収等の特性は、医薬品と同等ではありません。
そのため、“医薬品として利用されている"という言葉のみで、“コエンザイムQ10を含む健康食品の情報"を医薬品と同等に判断することはできません。

気をつけて!コエンザイムQ10をサプリで取得するなら安全性が確認できている商品を選んでください

健康食品には複数の成分が添加されていることが多く、もし製造時に添加された成分の中に有害成分が含まれていた場合、有効性を期待する前に安全性の問題が危惧されます。

実際に、コエンザイムQ10の配合を謳っているにもかかわらず全くコエンザイムQ10が検出されず、違法に別の医薬品成分を添加していた事例 がありました。

また、コエンザイムQ10の吸収に影響する錠剤の溶解性を測定したところ、商品によってかなりの差があったという報告があります 。これはコエンザイムQ10が多く含まれている商品を摂取しても、体内へは吸収されない場合があることを意味しています。

以上のことから、医薬品成分と同じコエンザイムQ10が健康食品に含まれていても、健康食品として流通しているコエンザイムQ10商品はあくまで食品であることを認識することが重要です。そのためには効果よりもまず安全性を考えることです。

一番知りたい、コエンザイムQ10 は健康・美容への有効性はあるの?

素材としての有効性情報
一般に「健康食品」の有効性については多くの情報が氾濫しており、信頼性の高いものから低いものまで様々です。コエンザイムQ10も例外ではありません。

そこで、現時点で見つけられた、最も信頼性が高いとされている研究デザイン (無作為化比較試験 (RCT)) による学術論文をピックアップしてみました。

【心疾患 】(心不全・狭心症・心筋梗塞)

Copyright © 2017 女子力UP向上委員会 All Rights Reserved.

-Uncategorized