美容・ファッション・恋愛まとめ速報

美容・ファッション恋愛など女の子向けの情報サイト

Uncategorized

小学校 卒業式・母親の 服装 、小物類などのまとめ

小学校 卒業式・母親の 服装 、小物類などのまとめ


○小学校の卒業式で母親の服装のマナー

小学校の卒業式も大切なセレモニーであり、親子共に周囲と調和のとれた服装にしたいものです。
子供はちゃんとしていても母親が場違いな恰好をしていると子供も恥ずかしい思いをします。
そうならないようにここではお母さんの服装についてお伝えします。
まず基本はブラックフォーマルですが、ネイビーやグレーなどでも構いません。
ワンピースよりもジャケットを着用するスーツが好ましいですね。パンツスーツでもOKです。
スカートの場合、丈はあまり短くならないで膝が隠れる程度にします。

①ストッキングは肌色。寒いからと言ってタイツはNGです。

②準フォーマルなのでつま先が開いた靴もNG。

③ジャケットを着ないのもNG。ワンピースの上にはジャケットが必要です。ショールを使用するのは適当ではありません。

④式の最中はコートの着用もNG。体育館は寒く、寒さ対策が必須になりますのでご注意下さいね。

ブラックフォーマルと言えば、喪服が思い付きますが喪服はあくまで不幸があった時に着用するもので、それ以外の用途で着用するのは好ましくありません。
しかし、礼服としてボタンの取り外しが可能なものであれば問題ありません。
左胸にコサージュをプラスすれば派手ではない華やかさが醸し出されます。
バッグはカジュアルでないものを使います。

着物は着るのが大変で身動きも取りにくいのであまりお勧めではありません。もし着物をお考えでしたら、他のお母さん方と相談しておくといいでしょう。

卒業式には「お別れ」の意味合いも強く、喜びを大きく表現する場ではありません。かといって弔事でもありませんから、インナーや小物などで華やかさをプラスするのが上品です。

卒業式用にスーツを購入してもそれ以外で着る機会がほとんどないという人も多いと思います。たった1度限りの着用のために購入するのも勿体ないと思うのもわかります。
小学校卒業式のあと、中学校の入学式や卒業式となり毎回同じものを着るのもちょっと・・・ってなりませんか。そういう時はレンタルという方法もあります。

ネットでレンタルできるところをご紹介しています。

ミニスカートは言語道断ですが、ロング丈もふさわしいとは言えません。基本的に卒入学式は略礼服で出席と定められていることが多く、パンツスーツもマナー違反ではありませんが、スカートの方が格式高いとされています。

長時間座ることになりますので、シワになりにくい素材のものが安心です。

色はベージュ系のものを選びましょう。素足もいけませんが、おめでたい場に黒はふさわしくありません。

ピンヒールなどの高すぎる靴や、かかとがペタンコの靴も上品とは言えません。つま先やかかとをカバーしているパンプスは、冠婚葬祭には必ず必要になりますし、意外と歩く距離が長かったり立ちっぱなしになったりすることも多いので、履いていて楽なものを用意しておくと便利でしょう。

事前に磨いておくことも忘れてはいけません。

ゴールドやシルバー、宝石類は場所を選びます。厳かな式典にはパールが上品です。

できればスーツと同系色の落ち着いたものが良いでしょう。これも靴と同様、式典用のものがひとつあると便利です。

上向き、下向きなど、コサージュに細かい決まりはありません。生花にするなら、予約や保管場所などの手配は早めにしておきましょう。

まだまだ寒いこの時期、コートがあると助かります。これもやはり、普段着ているものとはいかないのがつらいところ。フォーマルなものを一着持っていると安心です。式の間は脱いで膝に置いておく場合が多いので、ショートかミドル丈のものが選ばれています。

ここでまとめた洋装とはルールも異なり、着付けやセットの段取りも加わります。和装での出席を検討されるなら、スケジュールの調節をしておきましょう。

参観日や学級懇談会などには学校に足が向かなかった父親も、 卒業式には休暇を取ってでも列席しようと思うこともあると思います。
どんな服装で行けばいいのでしょうか。
やはり式服でしょうか、終わったら仕事に行くので普段会社へ行くようなスーツで構わないのでしょうか。
もちろん儀式の日ですから、式服が正式ですが、実際にはあまり着用している人は見かけない、というのが現状です。
落ち着いた色目の派手でないスーツ、ネクタイがいいでしょう。
ネクタイは黒でないものにしますが、 白い式典用のものにする必要はありません。
ワイシャツも柄物は避けますが、薄い色のついているものは構いません。
若いパパさんであれば、「主役は子ども達」を念頭に、多少おしゃれに決めても大丈夫でしょう。学校によっては何か約束事があったりする場合はそれに従って下さい。

小学校の卒業式での父親の服装は?

○小学校 卒業式小物類のマナー

特に卒園式は全身黒スーツの割合も多く、「せめてアクセサリーだけでも華やかに!」と思っちゃいますよね。
が、あまりにも派手すぎるアクセサリーはNG。
あまりにも派手なジャラジャラしたネックレス&ブレスレット等を付けていると周りの保護者から「あのお母さんは常識知らずね」と引かれてしまいます。自分だけ引かれるならまだしも、下手したら可愛い子供の友達関係にまで影響するかもしれません。

葬儀は厳格な式なので「アクセサリーはパールのみ」というルールがありますが、卒園式&入学式はそこまで厳しい式ではありません。
ですので、パール以外の宝飾類を付けてもOK
・ブラックパール
・ダイヤモンド
・ゴールド系
・その他の宝石類でもOK
基本は「パール」を付けるのが1番ですが、もし「持っていない場合」や「その他に思い入れのあるお気に入りのアクセサリーがある場合」は違う物を付けてもOKですよ。ただし、派手になりすぎず、服装に合っているアクセサリーにしましょうね。

「結婚指輪と婚約指輪の2つを合わせて付けても良いの?」って疑問がでてきますよね。
婚約指輪って高かった割に付ける機会があまりないです。いつの間にかタンスの肥やしになっているママがほとんどではないでしょうか?
せっかく旦那様から買ってもらったステキな婚約指輪です。
そのままタンスの肥やしにしてしまうのは、あまりにも勿体ない!
ぜひ付けて行きましょう!
婚約指輪はむしろ、こういう機会にしかつける場がないですからね。
「あまりにもダイヤが大きくて派手すぎる婚約指輪」でもない限り、付けて行ってもマナー違反にはならないですので、安心してくださいね。

卒園式で婚約指輪は付けても大丈夫?の解答

出典i0.wp.com

黒のレザーショルダーバッグは卒業式のスーツにとても合わせやすいですね。
このタイプは小さめなのでこのくらいの大きさなら、肩からかけていても目立つこともなく問題はありません。
また、手提げにもなるので、手で持つ事もできます。

出典i1.wp.com

定番の黒の手提げフォーマルバッグです。
卒業式や入学式にピッタリのバッグと言えるでしょう。
また卒業式意外にも、冠婚葬祭にも使えますので、一つ持っているととても便利だと思います。

服装に合わせるバッグなどの小物類も、日常使用しているものではなく、TPOに適したフォーマルなものをお薦めいたします。
バッグは、ひと目でどこのブランドかがわかる大きなロゴや装飾がついているものは控えます。あくまでも、さりげなく上品さを醸し出す服装・小物を意識しましょう。

装飾はワンポイント!派手すぎず、大きすぎないフォーマルバッグがオススメです。

出典i2.wp.com

卒業式の母親の服装は、黒・グレー・濃紺などのダーク系の色のスーツを着ることが多いです。
そのため、コサージュの色も濃い色を選ぶと、しつこくなったり、夜会などの服装に見えてしまい、清潔感を感じなくなってしまいます。

出典i1.wp.com

ベージュ
薄いピンク
サーモンピンク
白(ホワイト)またはオフホワイト
薄いブルー
白に近いシルバー
薄いパープル
などが卒業式の服装に似合うコサージュの色です。

出典i2.wp.com

コサージュには、安全ピンまたはクリップが付いていますので、着る服装に合わせて使用します。
コサージュを付ける位置は、襟の部分に付けます。具体的には、左側の鎖骨部分の襟に付けるといいです。胸元に付けてしまうと目線が下がってしまい、視線を感じることがあるかも知れません。
卒業式に着ていくお母さんの服装や髪型のご参考に

卒業式・入学式にコサージュは付けないといけないの?
卒業式や入学式にコサージュを付けなければいけないということはありません。でも、ほとんどのお母さんがコサージュを付けているのは・・・なぜ?
それは、フォーマルな場に来ていることを現すアイテムだからです。華やかさを演出して、特別な日の学校行事にすることを意味しています。
特に卒業式は、シックな黒やグレー、ネイビーのスーツで参加する人が多いため、暗い雰囲気になってしまいます。
そこにコサージュがあるだけで、華やかさと女性らしい美しさを演出してくれますので、付けないよりは、付けた方がいいですよ。

付けないよりは、付けた方がいい

○小学校 卒業式おすすめママスーツ

同じスーツでもインナーをシャツに変えたり、
カットソーにするだけでこんなに変わりますね^^

また、色は入学式は白、ベージュなどの華やかな色、
卒園式、卒業式は黒、グレーなどのダークカラーでまとめたほうが
ベター。

ダークカラーのスーツを着て、
少し重いなと感じたら、
インナーの色や、デコルテの見せ具合、
コサージュ、バッグなどの小物で調整するのが
いいですね^^

卒業式の母親の服装 30代編
30代のお母様が卒業式に出席する場合、お子様の卒業式によってテイストを変える必要があります。
例えば幼稚園・保育園の卒業式の場合は周囲のお母様方には若い方も居ると思うので、シック過ぎる服装は老けて見えてしまいがち。
逆に小学校の卒業式の場合は同年代のお母様が多いでしょうから、あまり可愛い過ぎる服装は浮いてしまいます。
目立ちすぎず、でもセンスがキラリと光るものを。求められる難易度が高いですが、ここは頑張って下さいね。

卒業式の母親の服装 30代の場合

大人っぽさと上品さをバランス良く合わせたフォーマルスーツです。

流行に左右されない、女性の美しさを際立たせるノーカラージャケットはおすすめの1着。

かっちりしすぎない縁取りのステッチがポイントですね。

Copyright © 2017 女子力UP向上委員会 All Rights Reserved.

-Uncategorized