美容・ファッション・恋愛まとめ速報

美容・ファッション恋愛など女の子向けの情報サイト

Uncategorized

゙唇を小さぐするための三つの方法

゙唇を小さぐするための三つの方法


■口呼吸の改善

たらこ唇の人は、無意識に口を開いて、鼻ではなく口から呼吸してしまいやすいのです。

しかし、口から呼吸をすると、常に唇が外気に晒されて乾燥しやすくなり、乾燥した肌は外部からの刺激を受けやすくなります。

■口は常に閉じる
 ■呼吸は鼻から
の2点を徹底してください。これだけでも、たらこ唇の成長を止めることができます。

■表情筋を鍛えよう!

表情筋(ひょうじょうきん)をトレーニングしましょう!
①上唇と下唇を、口のなかにかるーく、巻き込んでみましょう。このとき、唇は閉じた状態で行います。
②全部の唇は巻き込まず、大体半分くらいまでを目安としてください。
③次に、両方の手で頬を抑え、口角を上下にゆっくり上げて、下げます。
このセットを1日10回行います。ゆっくりで構いません。
鏡をみながら、筋力、とくに口角周りの筋力がよく動いているかチェックするとよいでしょう。

ほうれい線」が目立っている場合には、口元のたるみがたらこ唇に悪影響を与えています。
口元のたるみの大きな原因は、顔に存在する表情筋という筋肉の衰えです。顔の筋トレを始めましょう。
やり方はとてもシンプルで、毎日、朝晩、「あ・い・う・え・お」と5回言ってください。しかし、ただ言うだけではありません。
「これ以上無理だ!」というほど、思いっきり顔中の筋肉を使って、「あ・い・う・え・お」を言うのです。

■口をしっかりと閉じる&唇を噛まない

口をしっかり閉じましょう。
とくに大切なことは顎を閉じることと口を閉じることの違いをしっかり感じ取ること。
この顎を閉じるのではなく口を閉じるということを普段から意識して、無意識の状態でもできるようになればした唇の見栄えもかなり変わってく。

唇が分厚い人には、唇を噛む癖があるといわれています。
しかしこれは分厚いというよりは、腫れてしまったことが原因といえるようです。
唇を繰り返し噛むことで、腫れてしまったり、出血をしてしまったりするでしょう。
唇を噛むことはできるだけ避けましょう。

Copyright © 2017 女子力UP向上委員会 All Rights Reserved.

-Uncategorized