美容・ファッション・恋愛まとめ速報

美容・ファッション恋愛など女の子向けの情報サイト

Uncategorized

こんな使い方も?!【塩】が美容に健康にイイことだらけ

こんな使い方も?!【塩】が美容に健康にイイことだらけ


どこの家庭にもある【塩】が美容に大活躍!?

塩には様々な作用があり、特に①浸透脱水作用②タンパク質溶解作用③ミネラル成分の3つが美容健康に良い効果をもたらすとされています。アトピーの治療にも海水浴が取り入れられているとか。今回は、そんな自然の力を存分に発揮する特別レシピをご紹介します。

①塩洗顔

塩ペーストによる塩洗顔で用意するものは、小さじ1杯程度の塩のみです。

①手のひらに塩を乗せます。
②手のひらに乗せた塩に少量のぬるま湯を加えてペースト状にします。
③塩ペーストを肌に伸ばしていきます。
④クルクルと円を描くように優しくマッサージをします。
⑤肌が温かくなってくるのを感じたらぬるま湯でキレイに洗い流します。

塩ペーストで洗顔をするときは、絶対に力を入れてマッサージをしないようにしてください。塩ペーストはキメが粗いため、力を入れると肌への摩擦が大きくなります。肌トラブルの原因となるため、優しく撫でるようにペーストを伸ばすようにしてください。

塩洗顔の4つの効果
①毛穴の黒ずみを目立たなくする
②ピーリング効果
③発汗作用&血行促進
④ニキビ予防

!注意点
傷口に塩が付着すると肌がしみるため、顔に傷や炎症がある場合には、強い刺激を感じる事になります。そのため、ムダ毛をカミソリや脱毛機で処理した直後は、肌の表面がダメージを受けているため、塩洗顔の使用はおすすめできません。
また、肌がデリケートな方は、塩が溶けていない状態で使用すると肌への摩擦が大きく、敏感肌の方は刺激となります。かゆみや赤みを伴ってしまう恐れがありますので、塩洗顔は回数や頻度に注意し、お肌のコンディションに合わせたケアが必要があります。

またペースは週1回程度に。

②超簡単!塩パック

用意するもの

天然の塩…小さじ2

やり方

①湯船につかって体を温め、毛穴を開く
②顔を水で濡らして、塩を肌にのせる
③5分ほど置いてぬるま湯で塩を洗い流す
④冷たい水で肌を引き締める

毛穴の黒ずみ除去とミネラル補給が同時にできちゃう!

③むくみ解消!塩マッサージ

やり方
湯船につかって体を温める
体がよく温まったら湯船から出て塩を気になる所に塗りながらマッサージする

注意点
力を入れてゴシゴシこすらない

④手作りソルトスクラブでちょっと贅沢にマッサージ

【手作りソルトスクラブレシピ】
①塩+オリーブオイル
塩:オリーブオイルを1:2の割合で、ペースト状になるまで混ぜるだけ。
オイルの美容効果でしっとりした質感の肌に。

②塩+はちみつ
塩:はちみつを1:2の割合で、ペースト状になるまで混ぜるだけ。
はちみつは保湿効果が高いので乾燥が気になる方にオススメ。

③塩+ヨーグルト
塩:ヨーグルトを1:2の割合で混ぜるだけ。ヨーグルトは毛穴の汚れを取ってくれるので毛穴をきれいにして引き締めてくれます。

自家製なので添加物ゼロで、安心して使える手作りソルトスクラブ。
お気に入りのアロマを数滴たらせば癒し効果もアップしてボディケアするのが楽しくなりそうですね。

⑤口内炎・口臭・風邪予防に!万能塩水うがい

コップ一杯分(約60ml)に塩を一つまみ入れるだけ。ちょっと塩っ辛いなと感じる程度の塩の量がちょうどいいです。
濃度が濃いと、塩水うがいは効果的だと言われています。

1. 1回目は口の中の食べかすなどを取り除くように、含んでうがいします。
「ぐちゅぐちゅぺっ」と言われるうがいです。
2. 2回目は上を向いてガラガラとうがいをします。15秒頑張ってうがいをしてみてください。
3. もう一度ガラガラとうがいをして下さい。
これで完了です。

⑥洗い上がりさっぱり!塩シャンプー

●粗塩大さじ1 ●洗面器にお湯(髪を洗うのに適した温) → 良くかき混ぜるだけ。
※お好きなアロマオイルで香りづけしてもOK

①お湯で髪の毛を洗い流す
②塩シャンプーをかぶる
③全体に塩シャンプーがいきわたるように爪はたてず、やさしく頭皮をマッサージしていきます。
④塩分が残らないよう、しっかりと洗い流す

塩のナトリウムイオンは、頭皮の垢やフケのたんぱく質をとかします。しかしながら、必要な油分は
残してくれるのが塩シャンプーのスゴいところ。

⑦塩の選び方

天然塩に含まれるミネラルには、新陳代謝や血行の促進、肌の水分量を保つなどの働きがあるため、美容や健康目的に塩を使う場合は天然塩がおすすめです。

天然塩として販売されている商品は沢山ありますが、すぐに手に入りやすく金額もリーズナブルでおすすめなのは「伯方の塩」と「赤穂の塩」です。

粗塩や天然塩と書かれているものを選びましょう

いかがでしたか?

どこのご家庭にもある塩。実はこんなに活用法があったんですね。おうちのバスルームがエステに早変わり!今日から早速試してみてくださいね。

Copyright © 2017 女子力UP向上委員会 All Rights Reserved.

-Uncategorized