美容・ファッション・恋愛まとめ速報

美容・ファッション恋愛など女の子向けの情報サイト

Uncategorized

あきらめるには早い?シミ対策についてまとめてみました!

あきらめるには早い?シミ対策についてまとめてみました!


一般的にはシミは《メラニン色素》の蓄積

シミとは《メラニン色素が肌に蓄積されてできる地肌よりも薄黒く見える部位》のこと。
人によっては《老化のせい》と、何も対策をする前から諦めてしまう方もいらっしゃいます。
しかしシミ対策にはさまざまなものがあるので、一概に老化と決め付けてしまうの、少し勿体ないかもしれませんよ!

シミとはホルモンや紫外線の影響により、顔や体といったヒトの皮膚上にできる皮膚疾患。

メラニン (melanin) は、ヒトを含む動物、植物、原生動物、また一部の菌類、真正細菌において形成される色素である。メラニン色素ともいう。

丁寧な《保湿》から始めていきましょう

シミの対策方法として挙げられるのは、まずは《保湿》。
肌の状態が悪いままシミを対策しようとしても効果は望めません。
闇雲に何かを塗ってシミを薄くしようとする前に、土台となる肌自体をしっかりベストな状態に保てるようにしましょう。
そうすれば、自然と美肌にも繋がっていきます。
そのためにも、まずは肌の保湿を意識して潤いのある状態をキープすることを心掛けましょう。

洗濯して筋トレしてシャワー浴びて顔の保湿をして出勤

顔というか、口周りが乾燥しまくりだからマスクして保湿…

若い頃に保湿を怠ったばかりにシミシワ乾燥などに苦しむのだ…

うるせーな!!!(ギャオス)

保湿クリーム重ね塗りしたけどまだ顔がパリパリする。いっそのこと、ハンドクリームを塗るのはどうだろう。皮膚が薄いとこがあるっていうしヤバイかな。でもわたし、面の皮厚いから平気かな。

ホワイトケアには《ハイドロキノン》

シミの原因の一つである《メラニン》を予防するためにも、シミを消すためのアイテムなどを使うようにしましょう。
最近では色々と種類も増えていて、どれも選べばわからないという方も多いでしょうが、《シミの予防や改善に適したもの》を選ぶのが重要。
中でも《ハイドロキノン》という成分に注目して下さい。
クリニックなどでも処方されていますが、漂白型美白成分ハイドロキノンとして化粧品などでも配合されていて、簡単に始められるおすすめのホワイトケアです。
もちろん肌質には個人差はありますが、ハイドロキノンはとても効果が高いので、キレイにシミを薄くする事が出来ると言われています。

《ビタミン不足》には要注意

シミには食べ物でも対策が可能です。
体の中からシミを消すという点では、今後のシミ対策にも繋がるとても大切な事です。
どんな食べ物が効果的か簡単に言ってしまうと、美白効果があると言われる《ビタミン》が入ったものがおすすめとされています。
ビタミンと一言で言っても色々と種類がありますが、ここでのおすすめはビタミンCやE。
例を上げるなら、レモン・いちご・パプリカ・かぼちゃ・卵黄など全体的に赤や黄の色が多い印象ですね。

ビタミンC (vitamin C, VC) は、水溶性ビタミンの1種。化学的には L-アスコルビン酸をさす。生体の活動においてさまざまな局面で重要な役割を果たしている。

ビタミンE(vitamin E)は脂溶性ビタミンの一種。1922年にアメリカ合衆国、ハーバート・エバンス(Herbert M. Evans)とキャサリン・ビショップ(Katharine S. Bishop)によって発見された。

毎日の《紫外線対策》も忘れずに

しっかりと保湿もしたし、ハイドロキノンでホワイトケアもしたし、食事もビタミンを意識したメニューにしたし、これで安心…と思うのは少し待ちましょう。
シミ対策、そして予防の基本中の基本、《紫外線対策》のことを忘れていませんか?
紫外線は窓や薄いカーテンを通り抜ける程だと言われていますので、外出時だけではなく家の中にいる時も日焼け止めを塗るようにすれば安心でしょう。
そして寝る前にはしっかりと日焼け止めを落とすことも忘れずに。

《シミ》ができてしまう原因とは?

シミができる主な原因として、紫外線などによるメラニン色素の沈着や加齢などが挙げられますが、他にもストレス・睡眠不足・ホルモンバランスの乱れ・食生活の乱れなど、さまざまな要因が絡むことでシミが出来やすくなります。
紫外線はメラノサイトという細胞を刺激してメラニン色素を作り出します。
シミのほとんどは、日焼けなどでできたメラニン色素が肌の中に残り、沈着してしまったものだと言われています。
新陳代謝が活発な肌であればターンオーバーによって、古い角質とともにメラニン色素も排出されますが、新陳代謝が上手く働いていない不健康な肌では、メラノサイトが肌を守ろうとすることでメラニン色素を過剰に生成してしまい、シミが出来やすくなってしまいます。

Copyright © 2017 女子力UP向上委員会 All Rights Reserved.

-Uncategorized